コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三時教 サンジキョウ

デジタル大辞泉の解説

さんじ‐きょう〔‐ケウ〕【三時教】

釈迦1代に説かれた教説を三時期に分類したもの。法相宗では、初時教を有教(うきょう)(阿含(あごん)経など)、第二時教を空教(般若(はんにゃ)経など)、第三時教を中道教(華厳経など)という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじきょう【三時教】

〘仏〙 法相ほつそう宗で釈迦一代の説法を三期に分けたもの。第一時は阿含あごん経などに説く小乗の教えで、現象には実体がないがそれを構成する要素は存在するという有教うきよう、第二時は般若はんにや経などに示されるすべてに実体がないとする空教、第三時は華厳経や解深げじん密経などに示される非空非有の最終的真理を説く中道教であるとする。有空中うくうちゆう。三教。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報