三時教(読み)サンジキョウ

大辞林 第三版の解説

さんじきょう【三時教】

〘仏〙 法相ほつそう宗で釈迦一代の説法を三期に分けたもの。第一時は阿含あごん経などに説く小乗の教えで、現象には実体がないがそれを構成する要素は存在するという有教うきよう、第二時は般若はんにや経などに示されるすべてに実体がないとする空教、第三時は華厳経や解深げじん密経などに示される非空非有の最終的真理を説く中道教であるとする。有空中うくうちゆう。三教。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじ‐きょう ‥ケウ【三時教】

〘名〙 仏語。釈迦一代の教説を三期に区分したものの総称。法相(ほっそうしゅう)慈恩大師窺基の説で、第一時教を有教(阿含時)、第二時教を空教(般若時)、第三時教を中道教(深密時)という。さんきょう。〔選択本願念仏集(1198頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android