コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択本願念仏集 せんじゃくほんがんねんぶつしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択本願念仏集
せんじゃくほんがんねんぶつしゅう

建久9 (1198) 年,関白九条兼実の請いによって,法然が弟子に執筆させたもの。2巻 16章。往生の業は念仏を本となすとして,各章ごとに念仏が最もすぐれていることを説いている。浄土宗では「せんちゃくほんがんねんぶつしゅう」と読む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんちゃくほんがんねんぶつしゅう〔センチヤクホングワンネンブツシフ〕【選択本願念仏集】

鎌倉時代の仏教書。浄土宗の根本聖典。2巻。法然著。建久9年(1198)完成。関白九条兼実の要望により、往生の業因は念仏を本となす旨を説いた書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

選択本願念仏集【せんちゃくほんがんねんぶつしゅう】

鎌倉時代の仏書。真宗では選択を〈せんぢゃく〉とよむ。法然(ほうねん)の著。2巻。1198年成立と伝える。《選択集》と略称。16章からなり,往生の要因は念仏を基本とすること,その基本をさまざまの雑行(ぞうぎょう)の中から選びとったことを述べる。
→関連項目証空浄土宗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんちゃくほんがんねんぶつしゅう【選択本願念仏集】

浄土宗の開祖法然の著作。1198年(建久9)法然66歳のとき,前関白九条兼実の懇請により著した。浄土三部経(《大無量寿経》《観無量寿経》《阿弥陀経》)はじめ中国の曇鸞(どんらん),道綽(どうしやく),善導らの著述から念仏の要文を抄出し,念仏の要義を述べている。書名は〈阿弥陀仏諸行のなかから選択して本願の行とされた念仏に関する書〉の意。《選択集》と略称するが,真宗では選択を〈せんじゃく〉と読む。1巻,16章から成る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選択本願念仏集
せんちゃくほんがんねんぶつしゅう

「せんじゃく~」とも読む。鎌倉時代の仏書。一巻。略して『選択集』という。浄土宗を開創した法然(ほうねん)(源空)の主著で、1198年(建久9)3月、66歳のとき九条兼実(かねざね)の懇請に応じて撰述(せんじゅつ)された浄土宗の根本聖典で、16章からなっている。善導(ぜんどう)の浄土教義を経(けい)とし、自らの選択義を緯(い)として、阿弥陀仏(あみだぶつ)によって選択された本願念仏の要文を集め、選択本願の真意を明らかにした。
 仏道修行や生活行動のすべてが称名念仏(しょうみょうねんぶつ)の一行に帰結することを指摘し、願生者(がんしょうしゃ)に安心(あんじん)・起行(きぎょう)・作業(さごう)を策励する軌範を明示し、往生(おうじょう)浄土の法門が時機相応の教えであるゆえんを力説した。京都廬山(ろざん)寺所蔵の古鈔(こしょう)本『選択集』は草稿本とみなされる。その開巻劈頭(へきとう)の「選択本願念仏集」と次行の「南無(なむ)阿弥陀仏往生之業念仏為先」の21字は法然の自筆であるが、それ以降はすべて門弟の執筆である。本書が世に出ると、この世で悟りを得ようとする聖道家(しょうどうけ)から猛烈な批判攻撃を受けたこと、また本書の注釈書と開版の数がすこぶる多いことは、信謗(しんぼう)両面にわたって本書がいかに世人の注目を集めたかを物語っている。[藤堂恭俊]
『石井教道著『選択集全講』(1959・同書刊行後援会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の選択本願念仏集の言及

【仏教】より

…念仏門の系統から,まず法然(源空)が日本浄土宗を開いた。法然は主著《選択(せんちやく)本願念仏集》を著し,富と知識を独占する貴族しかできない造寺・造仏・学解・持戒などの意義を退け,往生の要諦は阿弥陀―仏を信じて,念仏だけを唱えること(一向専修)で,これにより人びとは貴賤・男女の差別なく在家の生活のまま往生できると説いた。これまでのように観想の阿弥陀仏礼拝も,浄土三部経の読誦も不要であり,称名念仏だけが〈正定業(しようじようごう)〉であるという点で,阿弥陀信仰はより易行(いぎよう)となり,在家民衆の生活のなかに定着する条件をそなえた。…

【法然】より

…この段階での浄土宗は宗義としての浄土宗であって,教団としてのそれではなく,またその教学体系の中心をなすのは善導流の本願論であって,法然独自の選択本願念仏論はまだ出ていない。この選択本願念仏の理論がはっきり示されたのは90年の東大寺における浄土三部経の講釈,著作としては兼実の要望で撰述された《選択本願念仏集》においてであった。法然はこのなかで〈選択〉を標榜し,下賤無知のものに対する独立した救済体系を示した。…

※「選択本願念仏集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

選択本願念仏集の関連キーワード選択本願(せんちゃくほんがん)黒谷上人語燈録親鸞(僧)悪人正機聖道門摧邪輪盧山寺弁長本書源空明恵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android