コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条公房 さんじょう きんふさ

2件 の用語解説(三条公房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条公房 さんじょう-きんふさ

1179-1249 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
治承(じしょう)3年生まれ。父は三条実房(さねふさ)。母は大炊御門経宗(おおいみかど-つねむね)の娘。建保(けんぽ)6年太政大臣にすすむ。従一位。建長元年8月16日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三条公房

没年:建長1.8.16(1249.9.23)
生年:治承3(1179)
鎌倉前期の貴族。父は左大臣三条実房,母は藤原経宗の娘。公事や故実に詳しい三条家に生まれ,蔵人頭を経て建保6(1218)年に太政大臣にまで至る。承久3(1221)年の承久の乱後は太政大臣を辞したままであったが,西園寺公経が権威おびただしく繁栄したこの時代にそれに遠慮せぬ「傍若無人の振舞」により「おそろしからぬ太政入道」と呼ばれた。

(五味文彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三条公房の関連キーワード三条公修三条公富三条実起三条実秀三条実重三条実親三条実治三条実房三条実行三条冬子