コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条実房 さんじょう さねふさ

2件 の用語解説(三条実房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実房 さんじょう-さねふさ

1147-1225 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安3年生まれ。父は三条公教(きんのり)。母は藤原清隆の娘。建久元年左大臣にすすむ。有職(ゆうそく)故実に通じ,公事(くじ)の師範をつとめた。嘉禄(かろく)元年8月17日死去。79歳。日記に「愚昧記(ぐまいき)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんじょうさねふさ【三条実房】

1147‐1225(久安3‐嘉禄1)
平安末~鎌倉前期の公卿。父は正二位内大臣公教。1160年(永暦1)非参議従三位に叙せられ,66年(仁安1)正三位中納言兼皇后宮大夫,83年(寿永2)正二位大納言,89年(文治5)右大臣,90年(建久1)左大臣と昇進したが96年病気のため辞職し出家した。1225年没。三条入道と称する。日記を《愚昧記》といい当該時期の朝務を知るうえで貴重な資料である。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三条実房の言及

【愚昧記】より

…平安末~鎌倉初期の公家三条実房の日記。暦記18巻,別記15巻が存在したというが,現在は1167‐95年(仁安2‐建久6)の間のものが部分的に残っているだけである。…

※「三条実房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

三条実房の関連キーワード藤原実房三条実房三槐抄愚昧記愚昧記ナーシル嘉禄岡屋関白記陳朝パナマ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone