コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建長 ケンチョウ

デジタル大辞泉の解説

けんちょう〔ケンチヤウ〕【建長】

鎌倉中期、後深草天皇の時の年号。1249年3月18日~1256年10月5日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんちょう【建長】

年号(1249.3.18~1256.10.5)。宝治の後、康元の前。後深草天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんちょう【建長】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1249年から1256年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は宝治(ほうじ)。次元号は康元(こうげん)。1249年(宝治3)3月18日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。建長年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、宗尊(むねたか)親王(6代)、執権は北条時頼(ときより)(5代)。北条氏への権力集中に不満を募らせていた三浦氏ら有力御家人は、若年の将軍藤原頼嗣を擁して北条氏に対抗、1247年(宝治1)には武力衝突に発展した(宝治合戦・三浦氏の乱)。この乱は北条氏と外戚の安達景盛(あだちかげもり)らによって鎮圧され、三浦氏は滅亡した。頼嗣は乱後も鎌倉にとどまり将軍の地位を保持したが、1251年(建長3)には謀叛への関与を疑われ、翌年に京都追放となる。代わって後深草天皇の異母兄である宗尊親王が鎌倉に迎えられ、将軍に就任した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

建長の関連キーワード日本高僧伝要文抄続後撰和歌集源定平(1)綾小路永昌甘露寺資経二階堂行盛真阿(1)諄子内親王浄助法親王持明院家定仙覚奏覧状徳大寺公孝古今著聞集鎌倉の大仏弁内侍日記按察三位局滋野井公光古今目録抄安達景盛北条時頼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建長の関連情報