コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

估価法 こかほう

1件 の用語解説(估価法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こかほう【估価法】

古代・中世に朝廷官衙や国衙,または鎌倉幕府が制定した物品売買や代物貢納についての公定価格や代物の換算率の法。すでに令において,東西市の估価や,異国交易の估価とともに,賃租公田における諸国の估価が制定されている。また,798年(延暦17)の官符では,強制的な估価によらず,和市の価によるべきことが令せられており,このことから諸国の交易雑物にも,強制的な估価が設定されていたことがわかる。しかし,この和市の価によれば估価法は不用になるはずだが,947年(天暦1)には,交易雑物の価を減定することが議せられており,その後,962年(応和2),986年(寛和2),1072年(延久4),1179年(治承3)と估価法の制定が論じられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone