コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引付方 ヒキツケカタ

デジタル大辞泉の解説

ひきつけ‐かた【引付方】

鎌倉・室町幕府の裁判機関。当初は御家人間の訴訟、のちに所領関係の訴訟を専門に扱った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

引付方【ひきつけかた】

鎌倉・室町幕府の職名。裁判制度の充実を図るため,1249年執権北条時頼が創設。3〜5組の部局に分かれ,おのおの部局は引付衆と引付奉行人からなる。評定衆が兼ねる引付頭人(とうにん)の指揮のもと,当時最も重要な訴訟対象であった土地関係訴訟を交替で管轄した。
→関連項目鎌倉幕府雑訴決断所政所室町幕府

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきつけかた【引付方】

鎌倉・室町両幕府の裁判機関。単に引付ともいう。1249年(建長1)12月9日に初めて置かれた機関で,三~五方の部局に分かれ,所領相論を中心とする裁判を担当した。一方は引付衆と引付奉行人とからなる。引付衆は評定衆兼務の2~3名を含んだ若干名で構成され,評定衆兼務の1名が引付頭人として,他の引付衆の補佐を得て,訴訟全体の指揮をした。引付奉行人は右筆と呼ばれた事務官であるが,引付衆の1~2倍おり,1件の訴訟に対し執筆を担当する本奉行人と,それを補佐しかつその非違を正す役を担う合奉行の2人の奉行人がそえられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の引付方の言及

【所務沙汰】より

…1232年(貞永1)の評定衆設置後は執権連署の出席する評定会議で判決した。1249年(建長1)引付衆設置後は引付(引付方)で判決の原案を作成し,評定で判決した。この期間は幕府は当事者の身分によって裁判管轄を定めており,評定―引付は所務沙汰を主とはするが,御家人を当事者とする訴訟を裁決するのが原理で,内容的には検断沙汰をも含んでいる。…

【頭人】より

…鎌倉・室町両幕府の職名。両幕府の裁判を担当した引付方では,三方あるいは五方等のいくつかの部局で構成されており,その一方(部局)の長官が頭人で,部局を構成する引付衆,奉行人を統率して裁判を指揮した。御家人の指揮や検断(警察裁判)を担当した侍所では,鎌倉幕府においては長官たる別当の腹心として事実上指揮・検断権を行使したのが頭人で,室町幕府においては別当が置かれなかったため,頭人が長官として侍所を管轄した。…

【内談】より

…室町幕府において,引付方侍所政所(まんどころ),問注所,地方(じかた)などの各部局内会議のことを内談と称した。中でも,所領問題についての裁判機関である引付方の内談は重要で,引付衆のことを内談衆とも呼んだ。…

【引付】より

…【橋本 初子】(2)鎌倉・室町両幕府の裁判機関。引付方の略称。名称の由来は,幕府の評定会議に提訴された訴状や会議の議事録を書き留めた書類を引付といったことにちなむのであろう。…

※「引付方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引付方の関連キーワード二階堂時綱二階堂行朝検断沙汰雑務沙汰上杉重能吉良満貞仁政方内談方鎌倉内談管領奉書