三条冬子(読み)さんじょう ふゆこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条冬子 さんじょう-ふゆこ

1441-1489 室町時代の女官。
嘉吉(かきつ)元年生まれ。三条実量(さねかず)の娘。母は正親町三条実雅(おおぎまちさんじょう-さねまさ)の養女。後花園天皇の上臈局(じょうろうのつぼね)となり,後土御門(ごつちみかど)天皇にも旧院上臈局としてつかえた。従三位。延徳元年9月9日死去。49歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三条冬子

没年:延徳1(1489)
生年:嘉吉1(1441)
室町時代の女官。父は左大臣三条実量,母は正親町三条実雅の猶子。後花園天皇(上皇)の朝廷に最高女官の上臈局として勤めた。後花園没後も旧院上臈局として後土御門天皇の朝廷に奉仕。以後,清華家出身の宮廷女房は上臈となり,赤青色の衣を許され,陪膳に候した。<参考文献>吉野芳恵「室町時代の禁裏の女房―三条冬子の生涯と職の相伝性について―」(『国学院雑誌』85巻2号)

(脇田晴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android