三条実冬(読み)さんじょう さねふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実冬 さんじょう-さねふゆ

1354-1411 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年閏(うるう)10月10日生まれ。父は三条公忠(きんただ)。母は西園寺季衡(すえひら)の娘。応永9年太政大臣にすすむ。従一位。応永18年閏(うるう)10月17日死去。58歳。著作に「作法故実」,日記に「実冬公記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

三条実冬 (さんじょうさねふゆ)

生年月日:1354年10月10日
南北朝時代;室町時代の公卿
1411年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android