三枚革(読み)サンマイガワ

大辞林 第三版の解説

さんまいがわ【三枚革】

小札こざねを鉄といため革三枚とを重ね、厚く作ったもの。また、それで作った鎧よろい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんまい‐がわ ‥がは【三枚革】

〘名〙 小札(こざね)といため革三枚とを重ねて、厚く大荒目におどした鎧(よろい)。一枚の小札が三分の一ずつ重なり合って、その厚さは大体一枚の小札の三倍となるもの。「敷目に拵う」といわれるものがこれに当たる。
※源平盛衰記(14C前)二「三枚皮(さんマイカワ)(をどし)の大荒目の鎧」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android