コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦呉山(2) みうら ござん

1件 の用語解説(三浦呉山(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦呉山(2) みうら-ござん

?-1809 江戸時代後期の俳人。
越中富山の人。3代深川湖十にまなぶ。出羽(でわ)秋田の吉川五明(きっかわ-ごめい)ら,各地の俳友と交遊した。文化6年4月24日死去。別号に宝晋堂,雲羅坊。編著に「寿々幾能月(すすきのつき)」「無底籠(そこなしかご)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三浦呉山(2)の関連キーワード大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]ガラパゴス諸島点字おがみ山バイパス事業本殿と遷宮知多四国上田秋成

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone