三浦贇男(読み)みうら よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦贇男 みうら-よしお

1806-1865 幕末の武士。
文化3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。町奉行,小姓頭取をへて用人にすすむ。元治(げんじ)元年(1864)天狗党の乱に際し,佐幕派の諸生党が藩政をにぎり解任される。岡田新太郎,美濃部又五郎らとともに慶応元年10月25日処刑された。60歳。名は忠昌。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android