コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三点比較式臭袋法 さんてんひかくしきにおいぶくろほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三点比較式臭袋法
さんてんひかくしきにおいぶくろほう

統計的手法により臭い規制基準を定める方法で,東京都が独自に開発したもの。臭いは感覚的なものであり,ごく微量でも影響するが,組成が複雑で,機械的な測定法には限界があり,これが規制を行うのに制約となっている。この方法は,4人ないし6人以上の検査者に無臭2個と測定対象物の入った袋1個の計3個を与え,臭いの入っている袋を選ばせるもの。これを段階的に臭いを希釈しながら繰返して,臭いの選択が不可能になるまで行い,それぞれの検査者が選別できなくなった濃度段階ごとに集計し,単純平均して濃度を出す。蓋然性はきわめて高く,規制基準として利用できるまでに開発されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三点比較式臭袋法の関連キーワード悪臭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android