コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三獣渡河 サンジュウトガ

デジタル大辞泉の解説

さんじゅう‐とが〔サンジウ‐〕【三獣渡河】

。「優婆塞(うばそく)戒経」に説く語。三乗の修行に深浅があることを兎(うさぎ)・馬・が川を渡るさまにたとえたもの。声聞乗(しょうもんじょう)は兎が水に浮いて水底に届かないように、縁覚乗(えんがくじょう)は馬の足が水底に達したり達しなかったりするように、菩薩乗(ぼさつじょう)は象の足が水底に達するように、それぞれ程度が異なるの意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうとが【三獣渡河】

〘仏〙 〔「優婆塞戒経」にある語〕 三乗の修行に深浅があることを、兎うさぎ・馬・象の三獣が河を渡るのにたとえた語。象の足が底に達するのを悟りの最も深い菩薩に、馬の足が水中にあるのを悟りのやや深い縁覚えんがくに、兎が水に浮かんで渡るのを声聞しようもんにたとえる。三獣渡水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三獣渡河の関連キーワード水中悟り

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android