コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三獣渡河 サンジュウトガ

2件 の用語解説(三獣渡河の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんじゅう‐とが〔サンジウ‐〕【三獣渡河】

仏語。「優婆塞(うばそく)戒経」に説く語。三乗の修行に深浅があることを兎(うさぎ)・馬・象が川を渡るさまにたとえたもの。声聞乗(しょうもんじょう)は兎が水に浮いて水底に届かないように、縁覚乗(えんがくじょう)は馬の足が水底に達したり達しなかったりするように、菩薩乗(ぼさつじょう)は象の足が水底に達するように、それぞれ程度が異なるの意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんじゅうとが【三獣渡河】

〘仏〙 〔「優婆塞戒経」にある語〕 三乗の修行に深浅があることを、兎うさぎ・馬・象の三獣が河を渡るのにたとえた語。象の足が底に達するのを悟りの最も深い菩薩に、馬の足が水中にあるのを悟りのやや深い縁覚えんがくに、兎が水に浮かんで渡るのを声聞しようもんにたとえる。三獣渡水。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三獣渡河の関連キーワード優婆夷優婆塞七衆信士優婆塞の宮下姓四部衆役の優婆塞金鷲優婆塞優婆塞・優婆夷