コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁覚 えんがく pratyeka-buddha

5件 の用語解説(縁覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縁覚
えんがく
pratyeka-buddha

仏教用語。おのれひとり悟ってよしとする孤高の覚者。教理的には十二因縁を観察して迷いを断ち真実を悟る者をいう。師なくしてひとりで悟るので独覚ともいい,音写語では辟支仏 (びゃくしぶつ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐がく【縁覚】

《〈梵〉pratyeka-buddhaの訳。辟支仏(びゃくしぶつ)と音写》仏語。仏の教えによらず十二因縁を観じて理法を悟った者、また飛花落葉などの無常を観じて悟った者。ともに師によらないため独覚(どっかく)ともいう。声聞(しょうもん)とともに二乗といい、菩薩(ぼさつ)と区別する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

縁覚【えんがく】

サンスクリットpratyeka-buddhaの訳。辟支仏(びゃくしぶつ)と音写し,独覚(どっかく)とも訳す。十二因縁を知り迷いを断ち理を悟るゆえに縁覚といい,師につかないゆえに独覚という。
→関連項目三乗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

えんがく【縁覚】

〘仏〙 仏の教えによらず、ひとりで悟りをひらき、それを他人に説こうとしない聖者。声聞しようもんとともに二乗といい、小乗の修行者とする。独覚。辟支仏びやくしぶつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縁覚
えんがく

仏教の聖者をいう。サンスクリット語プラティエーカ・ブッダpratyeka-buddha(独りで覚(さと)った者)の訳語。独覚(どっかく)とも訳し、また辟支仏(びゃくしぶつ)という音訳語も用いられる。仏の教えによらず、師なく、自ら独りで覚り、他に教えを説こうとしない孤高の聖者をいう。これを中国で「縁覚」と訳したのは、プラティエーカpratyeka(「独りの」の意)をプラティヤヤpratyaya(「縁」の意)と読んだためか、あるいはこの聖者が十二因縁(いんねん)(12の項目をたてる縁起説)を観ずる修行をして覚ったといわれる点を表したためかと考えられる。
 縁覚の観念は、もとインドに実在した隠遁(いんとん)的な修行者(仙人(せんにん))に由来するもので、仏教外のジャイナ教でもこの名称を用いている。仏教に取り入れられてからは、仏と仏弟子との中間に位する聖者とみなされ、やがて三乗すなわち声聞(しょうもん)乗(仏弟子の乗り物)、縁覚乗(独覚の乗り物)、菩薩(ぼさつ)乗(求道者(ぐどうしゃ)の乗り物)または仏乗(仏の乗り物)の一つに数えられるようになった。大乗仏教においては声聞乗と縁覚乗の二乗は小乗の立場を表すもので、大乗の立場を表す菩薩乗より劣るが、他方、この三乗すべてが一乗(一仏乗)に帰すことも強調されている。[藤田宏達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の縁覚の言及

【三乗】より

…乗は〈乗物〉であって,人間が悟りの境界へ至るための乗物すなわち教えを意味している。大乗仏教では全仏教を声聞乗(しようもんじよう),縁覚乗(えんがくじよう),菩薩乗(ぼさつじよう)の3種に分け,それぞれ能力の異なった3種類の対象のために異なった教えがあるとしている。声聞は最も能力の劣ったもので,仏の声に導かれてみずからの悟りのみを求めるものであり,次位の縁覚はひとりで悟りを開いたもの,最上位の菩薩はみずからのためのみならずいっさいの人間の悟りのために修行しているものを意味し,声聞,縁覚は自利,菩薩は自利利他とする。…

【十界】より

…仏教の世界観の一つ。精神的な生き方を,迷いより悟りへの10層に分け,最下の地獄より餓鬼,畜生,修羅,人間,天上,声聞,縁覚,菩薩,仏へと上昇するもの。はじめの六つが凡夫,後の四つが聖者の世界で,凡夫はそれらの六つを輪廻転生するから,六道,または六趣とよぶ。…

※「縁覚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

縁覚の関連キーワード阿僧祇仏陀覚者拘留孫仏凡・梵・煩・盆倶胝浮屠Ādi-buddhabuddha

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone