コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声聞 しょうもんśrāvaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

声聞
しょうもん
śrāvaka

仏教用語。声を聞く者のことで,元来釈尊の直接の弟子をさす。また,みずから悟りを求めるとともに他を救済することを目的とする大乗仏教の求道者 (→菩薩 ) に対し,釈尊の教えを忠実に実行はするが,自己の悟りのみを追求する出家修行者,すなわち部派仏教の修行をする者をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐もん〔シヤウ‐〕【声聞】

《〈梵〉śrāvakaの訳。教えを聞く者の意》仏語仏弟子のこと。釈迦入滅後は、四諦の理を観じて阿羅漢となることを理想とした修行者。大乗仏教からは自己の悟りのみを求める者として批判された。

せい‐ぶん【声聞】

世間の評判名望

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

声聞【しょうもん】

サンスクリットのシュラーバカの訳。仏の声を聞く者の意で,もと仏弟子をさしたが,大乗では,四諦(したい)の理を観じて,羅漢(らかん)の悟りを求めるものをいい,自己の悟りのみを求める出家をさす。
→関連項目三乗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうもん【声聞】

śrāvaka 仏の説法を聞く者の意〕
〘仏〙 元来は、仏在世の弟子のこと。仏の四諦したいの教えに従って修行し、聖者となる仏弟子。のちに大乗仏教の立場からは、個人的な解脱げだつを目的とする者とみなされ、小乗の徒とされる。

せいぶん【声聞】

世間の評判。名声。 → しょうもん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

声聞
しょうもん

仏教の用語。サンスクリット語のシュラーバカrvaka(声を聞く者)の訳語。教えを聞く弟子の意。ジャイナ教でも同じ意味で用いる。仏教では元来、ブッダの教えを聞いて修行する出家・在家の仏弟子を意味したが、後代になると教団を構成する出家修行者のみをさすようになった。大乗仏教では、声聞乗(声聞のための教え)を縁覚(えんがく)(独覚(どっかく))乗と並べて二乗と称し、さらに菩薩(ぼさつ)乗を並べて三乗というが、このうち二乗を小乗として貶称(へんしょう)し、声聞は仏の教えを聞いて修行しても自己の悟りだけしか考えない人々であると批判した。声聞・縁覚のために説かれた四諦(したい)・十二因縁(いんねん)などを説く経典を声聞蔵(ぞう)といい、声聞の四つの修行階位(預流(よる)、一来(いちらい)、不還(ふげん)、阿羅漢(あらかん))を声聞四果(しか)という。[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の声聞の言及

【三乗】より

…乗は〈乗物〉であって,人間が悟りの境界へ至るための乗物すなわち教えを意味している。大乗仏教では全仏教を声聞乗(しようもんじよう),縁覚乗(えんがくじよう),菩薩乗(ぼさつじよう)の3種に分け,それぞれ能力の異なった3種類の対象のために異なった教えがあるとしている。声聞は最も能力の劣ったもので,仏の声に導かれてみずからの悟りのみを求めるものであり,次位の縁覚はひとりで悟りを開いたもの,最上位の菩薩はみずからのためのみならずいっさいの人間の悟りのために修行しているものを意味し,声聞,縁覚は自利,菩薩は自利利他とする。…

【十界】より

…仏教の世界観の一つ。精神的な生き方を,迷いより悟りへの10層に分け,最下の地獄より餓鬼,畜生,修羅,人間,天上,声聞,縁覚,菩薩,仏へと上昇するもの。はじめの六つが凡夫,後の四つが聖者の世界で,凡夫はそれらの六つを輪廻転生するから,六道,または六趣とよぶ。…

※「声聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

声聞の関連キーワード法華曼荼羅法華一乗藤田宏達菩薩行声聞師松囃子阿那含声縁菩声聞界須陀洹声聞乗一切智十界図仏乗縁覚小乗名声世間説法進止

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android