コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三環節論 さんかんせつろん

1件 の用語解説(三環節論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三環節論
さんかんせつろん

1930年代日本の貿易構造を,貿易相手地域と商品構成の組合せにより把握しようとした試み。名和統一『日本紡績業と原棉問題研究』の補説に著わされたもので,名和三環節論ともいう。日本の商品貿易を対欧米貿易=第一環節,対大英帝国圏貿易=第二環節,対植民地・中国貿易=第三環節に分け,日本が植民地侵略を強化すればするほど全体として第一・第二環節への依存を深めざるをえないという構造的ジレンマを析出し,日本の経済構造の脆弱性を指摘した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三環節論の関連キーワード片貿易勘合貿易仲介貿易とん税貿易決済通貨多角貿易スーパー三〇一条FTA(Free Trade Agreement)自由貿易協定(Free Trade Agreement)ロシア極東と中国の貿易