コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和統一 なわ とういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和統一 なわ-とういち

1906-1978 昭和時代の経済学者。
明治39年6月18日生まれ。昭和18年「大阪商大(現大阪市立大)事件」で同校教授を追われる。戦後,復帰。マルクス経済学による貿易理論を展開した。46年岐阜経済大学長。昭和53年7月8日死去。72歳。兵庫県出身。京都帝大卒。著作に「国際価値論研究」「日本紡績業と原棉問題研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の名和統一の言及

【国際経済学】より

…宇野弘蔵のいう〈資本主義の不純化傾向への逆転〉現象が,社会主義革命の現実性を背景に論じられたのである。両大戦間期日本貿易の,対アメリカ,対東南アジア,対極東貿易を内容とする構造と反日運動との関係を理論化した,日本の名和統一の〈三環節論〉はその最大の成果である。 第2次大戦後の相次ぐ新興独立国の誕生によって,南北問題が顕在化した。…

※「名和統一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名和統一の関連キーワードメーヨー(George Elton Mayo)三環節論昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android