コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三自一包 さんじいっぽうSān zì yī bāo

世界大百科事典 第2版の解説

さんじいっぽう【三自一包 Sān zì yī bāo】

現代中国においてとられた政策。中国は1959年から3年連続して史上未曾有の自然災害に見舞われ,さらに大躍進時の政策の誤りとソ連技術者の引揚げが加わり,1959‐61年の期間は農業生産を中心に国民経済全体が深刻な打撃をうけた。調整期(1961‐65)にこの困難を打開するのにとられた政策の一つが〈三自一包〉政策である。〈三自一包〉の〈三自〉とは自留地をできるだけ多く残し,自由市場を設け,損益に責任を負う企業を多く作ることであり,〈一包〉とは農業生産の任務を1戸ごとに請け負わせる政策をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の三自一包の言及

【劉少奇】より

…(4)階級消滅論を唱えて階級闘争に反対した。(5)調整期に国内的には三自一包(自由市場と自留地,自営業とをふやし,請負制をとる)を唱え,国際的には三私一少(帝国主義,国内反動派,修正主義者との闘争を緩和し,各国人民の闘争への支援を減少した)の政策をとった――があげられた。彼の代表的著作で党員の必読文献とされていた〈党員の修養を論ず〉(1939)も階級闘争を無視した大毒草と非難された。…

※「三自一包」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三自一包の関連キーワード人民公社劉少奇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android