コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自留地 じりゅうち

4件 の用語解説(自留地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自留地
じりゅうち

ソ連において,コルホーズソフホーズ農業従事者の宅地に付属していた自己菜園のこと。個人的副業経営による農産物の生産は,コルホーズ自由市場における農産物の高価格を反映して増大した。自留地の面積は全耕地の3%弱であるが,自留地における生産量が農業生産全体に占める割合は,1988年にジャガイモで 59%,野菜で 31%,肉で 28%,牛乳で 27%,卵で 26%にまで達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じりゅうち【自留地 zì liú dì】

現代中国の人民公社において,生産隊(一部では生産大隊)が所有する土地の中から一部分を人民公社員に分配し,公社員が集団労働に従事する以外の時間に副業生産を行う土地をさす。その所有権は生産隊に属するために人民公社員は土地の売買等は行えず土地の使用権を与えられているだけである。自留地は一般的には農家の周辺の狭い土地とか半端な土地が多く,まとまった耕地は自留地として使用しない。自留地の面積は一般には生産隊の耕地面積の5~7%であるが,1981年3月30日の中国共産党中央と国務院の通知では自留地と飼料栽培地の最高限度は生産隊の耕地面積の15%と規定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じりゅうち【自留地】

社会主義国で、個人消費や副業用に割り当てられる耕地。そこから得た生産物のうち、自家消費外の余剰分は自由市場で販売される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自留地
じりゅうち

社会主義諸国での農業の公的担い手は国営および協同組合型の集団農場で(ただしポーランドと旧ユーゴスラビアとを除く)、土地、農用機械類、畜舎などは、国有ないし集団有の形で社会化されてきた。しかし、集団化の過程での農民の抵抗への譲歩として、またさらに集団農作業の報酬を補う源として、個人副業経営が認められてきた。この後の点は「農家労働力再生産の二重の源泉」といわれるもので、蓄積期の社会主義国家が集団農場からの価値の汲(く)み移しを必要として所得分配分が著しく低いままで推移したため、個々の農家が自家消費分を中心に副業に依存したことをさしている。個人副業の経営規模は国により地域により異なるが、一般には全耕地面積の5~10%を許しており、1戸当りでは0.5ヘクタール前後を上限とし、牛1頭などと家畜は頭数で規制されている。集団農場が公的存在とすれば、個人副業は私的存在である。
 自留地とは、この個人副業経営のうち、とくに耕種部門が展開される耕地をさし、ジャガイモ、野菜、果樹、花などが栽培される。多くの場合、それは農家の屋敷内付属地(庭、裏庭)であるが、このほかに、公的圃場(ほじょう)の一部を個人副業用画地として家族単位で分割使用することがある(農家の集合住宅化が進んでいく場合もこうした画地は活用される)。この両者を組み合わせた自留地の総面積と家族規模との均等な対応は重視されるので、数年おきに家族数の変動に応じて、画地の割り替えを行うケースも多かった。中国、ハンガリーなどでも自留地農業は一時盛んで、一般に集団農場より土地生産性は著しく高かった。労働主体は集団農場の正規のメンバーが空き時間で耕すほか、年金生活の老人、未成年者などが主である。耕種作物は季節的ピークが集団農場のそれと重なることが多く、社会化圃場での作業との緊張関係がしばしば発生する。が、他面、集団農場から大機械、飼料の提供を受けるという面もあり、相互補完的でもある。[中山弘正]
『中山弘正・上垣彰・栖原学・辻義昌著『現代ロシア経済論』(2001・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自留地の言及

【人民公社】より

…生産隊は昔の自然集落で平均20~30戸の農家からなり,労働力,土地,農具,役畜などを所有していて集団で農業生産を行った。このほかに農家は自留地をもち余暇を利用して耕作を行った。これら三級所有制各レベルの収入状況は表1のとおりであった。…

※「自留地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自留地の関連キーワード合作社人民公社人民裁判拼音BNFL慣行農法野村浩一合作医療労働点数生産隊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自留地の関連情報