コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三蘇 さんそSan-su

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三蘇
さんそ
San-su

中国,北宋の文学者蘇軾 (そしょく) 父子3人の併称。父の蘇洵 (そじゅん) を老蘇,蘇軾を大蘇,弟の蘇轍 (そてつ) を小蘇と呼んで区別する。ともに文名が高く,散文では古文をよくして,いわゆる「唐宋八大家」のなかに数えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんそ【三蘇】

中国、宋の蘇洵(老蘇)とその二子、蘇軾(大蘇)と蘇轍(小蘇)三人の称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三蘇の言及

【蘇洵】より

…蘇軾(そしよく),蘇轍(そてつ)の父。父子を〈三蘇〉と称する。現在の四川省眉山県の人。…

【蘇軾】より

…その博大な人格とのびやかな詩文によって,ひろく人々に親しまれてきた。父の蘇洵(そじゆん),弟の蘇轍(そてつ)とともに〈三蘇〉と称せられる。現在の四川省眉山県の小地主の家に生まれた蘇軾は,寺子屋に学ぶ庶民としての教育を通じてその学問を培い,22歳で科挙の進士科に及第して官界に入る。…

※「三蘇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三蘇の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))二子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三蘇の関連情報