コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇轍 そてつSu Zhe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇轍
そてつ
Su Zhe

[生]宝元2(1039)
[没]政和2(1112)
中国,北宋の文学者。眉州眉山 (四川省) の人。字,子由。号,潁浜 (えいひん) 。嘉祐2 (1057) 年兄の蘇軾 (そしょく) とともに進士に及第。兄と同じく,新法党から直言を敵視され,転変ただならぬ官吏生活をおくり,最後に大中大夫で辞職し,潁昌 (河南省) で余生を終った。父の蘇洵,兄の蘇軾に対し「小蘇」と呼ばれ,またともに「三蘇」と称される。文は「唐宋八大家」の一人に数えられるが,詩は軾にはるかに及ばない。詩文集『欒城 (らんじょう) 集』 (84巻) ,『詩伝』『春秋集伝』『古史』など。 (→唐宋八家文 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そてつ【蘇轍 Sū Zhé】

1039‐1112
中国,北宋の文人。蘇洵(そじゆん)の第3子として現在の四川省眉山県に生まれた。蘇軾(そしよく)は3歳年長の次兄である。19歳で兄軾と同時に科挙進士科に及第して官界に入るが,新旧両党派の抗争のさなかにあって,旧法党の兄に連動するかたちで浮沈した。宰相に次ぐ尚書右丞がその最高位であるが,流罪憂き目にも遭っている。篤実な人物で,詩文にすぐれ,《欒城(らんじよう)集》などの著作がある。〈唐宋八大家〉の一人。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そてつ【蘇轍】

1039~1112) 中国、北宋の文人。字あざなは子由、号は潁浜えいひん・欒城らんじよう。蘇洵そじゆんの次男で、蘇軾そしよくの弟。兄とともに旧法党に属し、王安石らの新法党と対立した。父や兄とともに唐宋八大家の一人に数えられる。文集「欒城集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇轍
そてつ
(1039―1112)

中国、北宋(ほくそう)の政治家、文学者。字(あざな)は子由(しゆう)、号は潁浜遺老(えいひんいろう)。蘇轍は文人蘇洵(そじゅん)を父として、当時は蜀(しょく)とよばれていたいまの四川(しせん)省の眉山(びざん)県に生まれた。蘇軾(そしょく)(東坡(とうば))はその兄である。わずか19歳で兄と同期に科挙の進士科に及第、続いて制科(特別任用試験)にも合格して、官僚生活に入るが、王安石らが神宗皇帝に支持されて推し進めた新法(行財政革新策)に反対したため、その前半生はいたって不遇な生活を送った。のち元祐(げんゆう)年間(1086~1093)になって旧法党が政権を握ると、天子の側近に職を得て昇進を重ね、礼部尚書を経て参知政事(副宰相)に至ったが、晩年には兄に連座して流罪の辛酸をなめた。散文に優れて「唐宋八大家」に数えられ、詩は篤実な人柄を反映して穏やかな詩風である。『欒城(らんじょう)集』のほか、哲学、文学にわたる多くの著作を残している。[山本和義]
『清水茂著『中国古典選 唐宋八家文 下』(1966・朝日新聞社/朝日文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蘇轍の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))八大家(唐宋八大家)2月20日じゅん古文辞韓駒古文哲宗文集

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android