コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐宋八大家 とうそうはちだいか

百科事典マイペディアの解説

唐宋八大家【とうそうはちだいか】

中国,唐〜宋代に古文によって名を得た大家。唐の韓愈(かんゆ),柳宗元,宋の欧陽修蘇洵(そじゅん),蘇軾(そしょく),蘇轍(そてつ),曾鞏(そうきょう),王安石の8人。
→関連項目姚【だい】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐宋八大家
とうそうはちだいか

中国、散文における唐代・宋代のもっとも優れた作家8人の総称。唐の韓愈(かんゆ)・柳宗元(りゅうそうげん)、宋の欧陽修(おうようしゅう)・蘇洵(そじゅん)・蘇軾(そしょく)・蘇轍(そてつ)・曽鞏(そうきょう)・王安石(おうあんせき)をさす。中国の散文は、後漢(ごかん)から南北朝を経て唐の前期までは、対句を中心として構成される駢文(べんぶん)が普通行われたが、韓愈が対句など形式の拘束から自由なスタイルの「古文」を唱え、柳宗元らがそれに賛成して、駢文(べんぶん)と並用される文体となった。宋の欧陽修はいっそう古文を推し広めて、以後、散文の主流を占め、その模範となる作家として選ばれたのが、この八大家である。南宋ごろから韓・柳・欧陽・蘇軾の評価は揺るぎなかったが、明(みん)初ごろからこの8人に定まり、明代後期、茅坤(ぼうこん)が『唐宋八大家文鈔(しょう)』164巻を選んで、非常に流行した。清(しん)の沈徳潜(しんとくせん)はこれを精選して批評を加えた『唐宋八家文読本』30巻を編し、和刻本が何種類も出版されるほど、わが国で流布した。[清水 茂]
『清水茂著『新訂中国古典選19・20 唐宋八家文』上下(1966・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐宋八大家の言及

【中国文学】より

…蘇軾の門人黄庭堅も尺牘(せきとく)と題跋(だいばつ)などの小品に巧みであった。唐の韓愈,柳宗元に蘇軾およびその父蘇洵(そじゆん)と弟蘇轍(そてつ)および王安石,曾鞏,欧陽修を加えて唐宋八大家という。このほか司馬光の《資治通鑑(しじつがん)》は編年体歴史の傑作であるが,文体は欧陽修に似て流暢であり,文学としても鑑賞にたえる。…

※「唐宋八大家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐宋八大家の関連キーワード唐宋八家文読本曽鞏・曾鞏唐宋八家文唐宋八家川西函洲帰有光欧陽脩沈徳潜李東陽桐城派曽鞏茅坤三蘇

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐宋八大家の関連情報