コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇洵 そじゅんSu Xun

5件 の用語解説(蘇洵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇洵
そじゅん
Su Xun

[生]大中祥符2(1009)
[没]治平3(1066)
中国,北宋の文学者。眉州眉山 (四川省) の人。字,明允。号,老泉。若い頃遊侠にふけったが,27歳のとき発奮して学問に打込み,科挙を受けたが落第。それまでの文章を全部焼き捨て,あらためて史論などの著述に励んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐じゅん【蘇洵】

[1009~1066]中国、北宋の文章家。眉山(びざん)(四川省)の人。字(あざな)は明允(めいいん)。号は老泉。唐宋八家の一人。子の蘇軾(そしょく)蘇轍(そてつ)と合わせて三蘇とよばれる。老蘇。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そじゅん【蘇洵 Sū Xún】

1009‐66
中国,北宋の文学者。蘇軾(そしよく),蘇轍(そてつ)の父。父子を〈三蘇〉と称する。現在の四川省眉山県の人。晩学のゆえもあって官界に入ることはできなかったが,その散文は欧陽修らに高く評価された。その2子とともに〈唐宋八大家〉に数えられる。詩文集《嘉祐(かゆう)集》があるほか,欧陽修が主編した朝廷の儀式次第集である《太常因革礼》の編纂に加わっている。【山本 和義】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そじゅん【蘇洵】

1009~1066) 中国、北宋の学者。字あざなは明允めいいん、号は老泉。文章にすぐれ、子の蘇軾そしよく・蘇轍そてつとともに三蘇と呼ばれ、唐宋八大家の一人に数えられる。老蘇。著「蘇老泉文集」「嘉祐集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘇洵
そじゅん
(1009―1066)

中国、北宋(ほくそう)の文章家。字(あざな)は明允(めいいん)、号は老泉。蘇軾(そしょく)、蘇轍(そてつ)の父で、宋代を代表する優れた散文家。軾を大蘇、轍を小蘇とよぶのに対して老蘇といわれ、父子はあわせて「三蘇」と称され、そろって「唐宋八大家」に数えられている。中国文学史でも希有(けう)のことである。蘇洵はいまの四川(しせん)省の眉山(びざん)県で、教養人にはほど遠かった蘇序(そじょ)を父として生まれ、20代もなかばを過ぎて学問を始めた晩学の人であった。それゆえに官界への正規の道は開けず、欧陽修(おうようしゅう)に認められてしばらく朝廷の儀式次第集の編纂(へんさん)に加わったことはあるが、ついに民間の人として終わった。しかし独創的な軍事論、政策論を展開する散文は欧陽修らに高く評価され、その時代の言論界で重きをなした。『嘉祐(かゆう)集』をいまに伝える。[山本和義]
『清水茂著『中国古典選 唐宋八家文 下』(1966・朝日新聞社/朝日文庫) ▽『漢文大系 4 唐宋八家文 下』増補版(1972・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蘇洵の関連キーワードリ朝新司法試験日本学生支援機構の奨学金蘇洵李朝和歌九品開心寺址石塔小式部内侍レ(黎)朝大江匡衡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone