コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老蘇 おいそ

2件 の用語解説(老蘇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老蘇
おいそ

滋賀県中部,近江八幡市東部の地区。1889年老蘇村として成立。1954年安土村と合体して安土町となり,2010年近江八幡市と合体。平安時代から歌枕として有名。中山道の宿場町。式内社である奥石神社(おいそじんじゃ)のある老蘇森(おいそのもり)は国の史跡に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老蘇
おいそ

滋賀県中央部、近江八幡(おうみはちまん)市安土町東老蘇(あづちちょうひがしおいそ)、同西老蘇の一帯。中山道(なかせんどう)の宿場町。国道8号が通じる。東老蘇の「老蘇森」(国指定史跡)は、第7代孝霊(こうれい)天皇のとき石辺大連(いそべのおおむらじ)が湿地にスギ、マツ、ヒノキなどを植えたら大森林になったといういわれのある森。ホトトギスの名所でもあり、古来、歌にもよく詠まれている。森の中には式内社の奥石(おいそ)神社がある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老蘇の関連キーワード滋賀県近江八幡市新町滋賀県近江八幡市多賀町滋賀県近江八幡市出町滋賀県近江八幡市東川町滋賀県近江八幡市東畳屋町滋賀県近江八幡市東町滋賀県近江八幡市東横関町滋賀県近江八幡市船町滋賀県近江八幡市本町滋賀県近江八幡市宮内町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老蘇の関連情報