コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三越左千夫 みつこし さちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三越左千夫 みつこし-さちお

1916-1992 昭和時代の詩人,児童文学者。
大正5年8月24日生まれ。雑誌記者などをつとめ,のち詩作に専念。詩誌「薔薇科同人童謡・童詩誌「きつつき」を主宰。平成4年4月13日死去。75歳。千葉県出身。本名は三津越幸助。詩集に「柘榴の花」「夜の鶴」,童話集に「あの町この町,日が暮れる」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三越左千夫の関連キーワード内田麟太郎昭和時代詩人

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android