薔薇科(読み)ばらか

大辞林 第三版の解説

ばらか【薔薇科】

双子葉植物の一科。温帯地方に多く、世界に100属、3000種がある。草本および木本で、木本では高木になるものも多い。葉は互生。花は放射相称。花弁は普通五個で多数のおしべがある。日本ではシモツケ・ヤマブキ・オランダイチゴ・キイチゴ・サクラ・ウメ・ビワ・ボケ・リンゴ・ナシなど有用植物が多く、また多くの野生種がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばら‐か ‥クヮ【薔薇科】

〘名〙
双子葉植物の科名。約一〇〇属二千余種知られ、世界に広く分布する。草本、低木、または高木。普通、葉は互生し托葉がある。花序は総状または集散花序の変形したものが多く、花は、両性、放射相称。萼片は五で、瓦状。花弁は五枚。雄しべは多数あり、花弁の二~四倍数。子房は普通、離生心皮からなり上位、時に、合成心皮で下位、各室に二個の胚珠がある。果実は複合痩果、石果または数個の石果から成る場合や梨状果などがあり、しばしば花托が果実の一部をなしている。この仲間は果実を食べるもの(リンゴ・イチゴなど)ばかりでなく庭園に観賞用として植えられるもの(バラなど)など有用植物が多い。なお、この科は双子葉植物の中でも大きなものの一つで、シモツケ亜科・ナシ亜科・バラ亜科・ノイラド亜科・サクラ亜科・クリソバラナ亜科の六亜科に分けられるが、それぞれ独立の科として扱う学者もある。いばら科。さんとう科。
② ①のうち、心皮が多数で、時に果実が花軸先端の肥大部に埋まっている仲間を独立の科として扱う場合の名称。この仲間には世界に広く栽培されているセイヨウバラやオランダイチゴの他、ヤマブキやフユイチゴ、ナワシロイチゴなどのキイチゴの類、高山に生育するチングルマ、チョウノスケソウ、ミヤマダイコンソウ、ハゴロモグサ、カライトソウ、路傍によく見られるキジムシロ、ツルキンバイ、ヘビイチゴ、ダイコンソウ、ワレモコウ、ノイバラ、海辺に咲くハマナスなどさまざまな群が属している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薔薇科の関連情報