三遊亭 円遊(初代)(読み)サンユウテイ エンユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

三遊亭 円遊(初代)
サンユウテイ エンユウ


職業
落語家

本名
竹内 金太郎

別名
前名=五明楼 しう雀

生年月日
嘉永3年 5月28日

出生地
江戸・小石川小日向水道町(東京都)

経歴
慶応4年19歳の時、2代目五明楼玉輔に入門、しう雀を名乗る。師の一時廃業に伴い、明治5年初代三遊亭円朝に再入門、円遊と改名。13年真打ち。滑稽な“ステテコ踊り”を売りものとし、明治風俗を折りこんだ漸新なギャグを配した新作・改作で圧倒的な人気を得た。“ステテコの円遊”、また大きな鼻のため“鼻の円遊”とも愛称され、本来は3代目であるが後年あまりに有名になったため、俗に初代といわれる。「野ざらし」「花見小僧」など現在の形をつくった。

没年月日
明治40年 11月26日 (1907年)

伝記
高座奇人伝落語名人伝落語家―いま、むかし 小島 貞二 著関山 和夫 著興津 要 著(発行元 筑摩書房白水社旺文社 ’09’92’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

三遊亭 円遊(初代) (さんゆうてい えんゆう)

生年月日:1850年5月28日
明治時代の落語家。初代
1907年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる