コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金太郎 キンタロウ

7件 の用語解説(金太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんたろう〔キンタラウ〕【金太郎】

源頼光四天王の一人、坂田金時(さかたのきんとき)の幼名。相模の足柄(あしがら)山に住む山姥(やまうば)の子といわれ、獣を友として育った怪力の持ち主。浄瑠璃歌舞伎では怪(快)童丸の名で登場。

をかたどった人形。
1が掛けているところから》ひし形の布地の三つの隅にひもをつけた、幼児の腹掛け

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金太郎【きんたろう】

足柄山の奥で山姥(やまうば)に育てられたという怪童。大江山酒呑(しゅてん)童子退治に武功をたてた,源頼光四天王の一人坂田金(公)時の子供時代とされる。公時の名は《今昔物語集》などにも見えるが,物語の成立は室町時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金太郎 きんたろう

坂田公時(さかたの-きんとき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本文化いろは事典の解説

金太郎

金太郎は、源頼光〔みなもとのよりみつ〕に仕えた坂田金時〔さかたのきんとき〕がモデルとなった話です。これまで紹介した物語と違い、実在の人物を讃える目的で誕生した物語ではないかと考えられています。一般的に知られている「力持ちの金太郎は山で熊と相撲をとっていた!」というお話の先には、金太郎が都会に出て出世していくというお話に繋がりますが、こちらはあまり知られていないようです。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

金太郎

日本の唱歌の題名。作詞:石原和三郎、作曲:田村虎蔵。発表年は1900年。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんたろう【金太郎】

○ 伝説上の怪童。相模さがみの足柄あしがら山の山中で山姥やまうばを母とし、熊などの動物を友として育ち、強力ごうりきの者となる。のち源頼光に見いだされ、坂田公時(または金時)の名を与えられたという。歌舞伎・浄瑠璃では怪童丸という。
[0]をかたどった人形。童髪で太って顔は紅潮し、腹掛けをして鉞まさかりを担いでいる。
[0] 子供用の菱ひし形の腹掛け。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金太郎
きんたろう

英雄生い立ちの物語。金太郎は足柄(あしがら)山(神奈川県)の山姥(やまうば)の子で、山中で生まれ育ち、子供のときから大力であったという。江戸初期以来、桃太郎と並ぶ子供の姿の英雄として親しまれ、男の子の象徴として、早くから五月人形にもつくられた。源頼光(らいこう)の四天王の一人、坂田(酒田)金時(公時)の幼名とされる。素性については、古浄瑠璃(こじょうるり)の公平(きんぴら)本『公平誕生記』(1660前後)などにみえるのが古い。『清原右大将』(1677)に「怪童(かいど)」とあり、近松門左衛門の浄瑠璃『嫗山姥(こもちやまんば)』(1712)以後は快(怪)童丸が通称になる。金太郎の名は江戸中期ごろからのようである。『前太平記』(1717)には、山姥が足柄山の山頂で、赤竜と交わった夢をみて身ごもったとある。伝説が浄瑠璃や浮世絵などの世俗芸術にとられ、その作品がまた民衆のイメージを育てている。箱根の金時山(猪鼻(いのはな)岳)の中腹には金太郎と山姥が住んだ石室があったという巨石がある。本来、各地にあった山姥が山中で子供を生んだという伝説の一つで、長野県には、木曽(きそ)の金時山(南岐蘇(なきそ)岳)に金時母子が住んだ岩屋があり、旧上水内(かみみのち)郡芋井(いもい)村(現長野市)の虫倉明神は、金時の母を祀(まつ)ると伝える。山中で生まれた英雄の物語は『曽我(そが)物語』真名(まな)本など室町時代の物語文学にもみえ、狩猟民が伝えた山の神が山中で出産する物語は、金太郎をはじめ、この種の山中誕生譚(たん)の原形をなすものである。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金太郎の言及

【坂田金時】より

…これらでは坂田(酒田)という姓も明らかでない。近世に入って《前太平記》や《広益俗説弁》になって民譚的な金時あるいは金太郎の人物像に近づいてくる。この2書を総合すると,母の老嫗と足柄山中で生活していたのを,21歳のときに頼光に見いだされ,坂田公時と名付けられ,頼光に仕えて36歳のときに主馬佑として酒呑童子退治に参加し,一生妻女をもたず,頼光没後,行方をくらまし足柄山で足跡を絶ったという。…

※「金太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金太郎の関連キーワード自然淘汰十翼春秋三伝伝・傳・殿・澱・田・電コンテイジョン/伝染ラークライト/伝説の宇宙海賊《自叙伝――真理の実験》伝(旅行証)伝(■1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金太郎の関連情報