コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円生(4世) さんゆうていえんしょうよんせい

1件 の用語解説(三遊亭円生(4世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三遊亭円生(4世)
さんゆうていえんしょうよんせい

[生]弘化3(1846).8. 江戸
[没]1904.1.27. 東京
落語家。本名立岩勝次郎。三遊亭円朝門下。 1882年頃4世円生となる。1世円馬,3世円生,2世円橘と並んで円朝門下の四天王と称された。落し噺の名手。また人情噺にもすぐれ,創作も行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭円生(4世)の関連キーワード木村定良中院通知梅田年風西大路隆明万里小路建房弘化岩永梅石久留島通嘉西川伊三郎(2代)一橋昌丸

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone