コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルーゼンシュテルン Kruzenshtern, Ivan Fyodorovich

3件 の用語解説(クルーゼンシュテルンの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クルーゼンシュテルン Kruzenshtern, Ivan Fyodorovich

1770-1846 ロシアの軍人。
1770年11月19日生まれ。日本への使節レザノフをのせた世界周航艦隊を指揮して,1803年クロンシュタットを出港。西回りで文化元年(1804)長崎につく。通商交渉を幕府に拒否されたのち,日本海を北上,北海道,千島などの沿岸を測量。ロシア人最初の世界一周をはたし,1806年帰国した。のち海軍大将。1846年8月24日死去。75歳。エストニア出身。著作に「世界周航記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

クルーゼンシュテルン

没年:露暦1846.8.12(1846.8.24)
生年:露暦1770.11.8(1770.11.19)
18~19世紀のエストニア生まれのロシアの提督。ロシア領アメリカ植民地を本国と結ぶ世界交易路の開発を政府に上申,1803~06年に「ナデジダ号」の艦長としてロシア船最初の世界周航を実現した。その途中文化1(1804)年には遣日使節レザーノフを送って長崎に来航。その後北海道西岸,樺太の南岸と東岸,千島列島を測量し,さらに樺太北岸とアムール河口も調査した。樺太が離島であることは確認できなかったが,その科学的成果のゆえにラ・ペルーズ,ブロートンと並んで北太平洋の三大航海者のひとりに数えられている。著書『世界周航記』(1809~12)は有名で,わが国でもすでに文政末(1828年頃)に青地林宗が『奉使日本紀行』の書名で蘭訳本から抄訳した。

(秋月俊幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルーゼンシュテルン
くるーぜんしゅてるん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルーゼンシュテルンの関連キーワードグリンカエステポナ鮭児ナルバ城ピーリッサール島ブスペイプシ湖ラエコヤ広場ルフヌ島労農ロシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クルーゼンシュテルンの関連情報