コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デニソン デニソンDenison, Edward

5件 の用語解説(デニソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デニソン
デニソン
Denison, Edward

[生]1840
[没]1870
イギリス慈善事業家。 1867年ロンドンイーストエンドに学校を創設して労働者教育に尽力。 68年下院議員。 69年慈善救済事業組織協会の委員に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デニソン
デニソン
Denison, Henry Willard

[生]1846.5.11. バーモント,ギルドホール
[没]1914.7.3. 東京,築地
外交官,法律家。 1872年来日,アメリカの横浜副領事として在勤した。 80年5月1日日本の外務省法律顧問となった。以後,1913年にいたる 34年間,日本外交の発展に尽した。外務省御雇外国人として彼は,アメリカ人でありながら,条約改正日清戦争日露戦争という明治外交の枢機に参画し,外務省顧問として,終始日本外交に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

デニソン
デニソン
Denison

アメリカ合衆国,テキサス州北東部の都市。バタフィールド駅馬車線の宿場であったが,1872年ミズーリ・カンサス・テキサス鉄道の分岐点になった。農業が中心で,軽工業行われる。 D.アイゼンハワー大統領の生地である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

デニソン Denison, Henry Willard

1846-1914 アメリカの外交官。
1846年5月11日生まれ。明治2年(1869)来日し,横浜米国領事裁判所判事をへて副領事となる。のち退官して13年から大正3年まで外務省御雇外国人として,万国公法副顧問,法律顧問を歴任。条約改正,日清戦争,日英同盟,日露戦争の際,外交文書の起草などに従事した。大正3年7月3日東京で死去。68歳。バーモント州出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

デニソン【Edward Denison】

1840‐70
イギリスの慈善事業家。オックスフォード大卒。ラスキンらの影響で貧困問題に関心をもち,1867年慈善事業団体に加わり,ロンドンのイースト・エンドスラム地区に居住して活動した。施与のみでは貧困は解決しないとして,教育環境と教育の改善の必要を説き,その方法として教養人のスラム地区に移住することを提起した。その実践を含めセツルメントの先駆と評価される。COS(コス)(慈善組織協会)の創立にも参加。68年,下院議員当選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデニソンの言及

【セツルメント】より

…セツルメントとは,もともとは知識人がスラムに住み込むsettleという語意であり,日本では隣保事業という場合もある。ソーシャル・セツルメントの考え方を最初に明らかにしたのはE.デニソンといわれている。彼は19世紀後半の慈善・博愛事業が金品を供与して貧民救済をしていることの弊害を批判した。…

※「デニソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デニソンの関連キーワードアヘン戦争西部開拓史藤間流製糸業日本科学史アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香ビクトリア時代

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デニソンの関連情報