三達尊(読み)さんたっそん

精選版 日本国語大辞典「三達尊」の解説

さん‐たっそん【三達尊】

〘名〙 (「孟子‐公孫丑・下」の「天下達尊三、爵一、歯一、徳一、朝廷莫爵、郷党莫歯、輔世長民莫徳」から) 尊ばれる三つの事柄。朝廷では貴族の爵位、地域社会では年齢、世をたすけ、衆を安らかに生活させていくことでは、。〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三達尊」の解説

さん‐たっそん【三達尊】

《「孟子」公孫丑下から》天下で尊ばれる三つのもの。朝廷では爵位、郷里では年齢、民を治める者では徳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android