コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三都澳 さんとおう

百科事典マイペディアの解説

三都澳【さんとおう】

中国,福建省北東岸,三沙湾内の三都島にある商港。1899年開港。アモイ(厦門),福州と並び省内の三大港をなす。水深大きく,古くは軍事拠点ともなった。茶,木材の輸出港として有名で,漁港でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三都澳
さんとおう / サントゥーアオ

中国、福建(ふっけん/フーチエン)省北部の寧徳(ねいとく/ニントー)県に属する漁港。三沙(さんさ)湾のさらに奥の湾、三都澳に浮かぶ三都島の南西岸に位置する。1898年に開港し、福州、厦門(アモイ)に次ぐ港となったが、現在は湾内の豊富な水産資源の水揚げ港である。イシモチ、タチウオ、イワシ、エビなどの漁獲量が多い。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例