コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重交通 みえこうつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重交通
みえこうつう

伊勢,志摩,南紀を基盤とする近鉄系のバス会社。 1931年伊勢電鉄自動車として設立。 36年参急山田自動車と改称したのち,39年神都交通に社名を変更。 44年県下の陸上交通業社7社が合併し現社名で新発足。戦後も 46年に鉄道全線の電化,急行列車運行を行う一方,50年都市間直通急行バスの運行を開始。 53年には全国初の会員募集方式による日帰りバス旅行を開始した。 56年太洋観光バスを吸収して京都に拠点を得たのを皮切りに名古屋,大阪,さらに四国,九州,北海道へとエリアを拡大したが,62年京都支社の営業は京都近鉄観光バスに譲渡。 65年全鉄道線を三重電気鉄道に譲渡しバス専業となる。一方,関係会社を育成して経営の多角化を推進し,不動産開発,ゴルフ場ドライブイン,ホテル,百貨店などグループで展開している。事業内容は,乗合 55%,貸切 26%,不動産 14%,整備3%,定期観光1%,貨物1%。年間営業収入 1067億円 (連結) ,資本金 40億 1700万円,路線はバス 3285km,従業員数 1817名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三重交通の関連キーワード三重交通グループホールディングス本居宣長墓〈山室山〉宝塚古墳〈三重県〉王塚古墳〈三重県〉三重交通グループ廃補陀落寺町石長楽山廃寺跡谷川士清旧宅伊賀国分寺跡長野氏城跡谷川士清墓旧林崎文庫夏見廃寺跡奥田悠子阿坂城跡明合古墳北勢線

三重交通の関連情報