コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野小根(読み)みのの おね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野小根 みのの-おね

日本書紀」にみえる豪族
河内(かわち)(大阪府)の人。雄略天皇23年星川皇子の乱にくわわり大蔵を占拠するが,大伴室屋(おおともの-むろや)の兵にかこまれる。皇子らは焼き殺されたが小根は脱出し,草香部漢彦(くさかべの-あやひこ)を介して室屋に助命嘆願し,ゆるされたためその礼に二人に田をおくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android