コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野混沌 みの こんとん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三野混沌 みの-こんとん

1894-1970 昭和時代の詩人。
明治27年3月20日生まれ。妻は小説家吉野せい。中学卒業の年にバプテスト教会で受洗,のち山村暮鳥を知る。郷里福島県平市郊外で開拓生活のかたわら詩をつくり,草野心平の「銅鑼」や「歴程」に参加。野の詩人とよばれた。昭和45年4月10日死去。76歳。早大中退。本名は吉野義也。詩集に「百姓」「ある品評会」「阿武隈の雲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三野混沌の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門黒人問題鉄鋼業日清戦争アラバール多国籍企業野村芳太郎フー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone