コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴程 れきてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴程
れきてい

詩雑誌。 1935年5月創刊。逸見猶吉草野心平を中心に,大江満雄尾形亀之助山之口貘岡崎清一郎吉田一穂高橋新吉菱山修三中原中也土方定一ら,高村光太郎の影響を受けた詩人が名を連ね,第2次世界大戦前から戦中を通じて『四季』と並ぶ二大詩誌に発展した。当初アナーキズムの傾向があったがフォービスム (野獣派) に転じ,一党一派によらない日本人の詩を各自に発表することがうたわれ,詩人発掘にも努力した。戦後 1947年7月の再出発後もこの傾向を踏襲し,山本太郎谷川俊太郎黒田三郎原民喜らを加えて個性の強い詩人集団の活動の場となり現在にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れき‐てい【歴程】

経てきた道筋。「民族運動の歴程をたどる」
[補説]書名別項。→歴程

れきてい【歴程】[書名]

詩誌。草野心平中原中也ら8名の同人を中心に、昭和10年(1935)創刊。昭和19年(1944)から一時休刊、昭和22年(1947)復刊。戦後の同人に谷川俊太郎田村隆一石垣りん中上健次粟津則雄などがいる。藤村記念歴賞、歴程新鋭賞を主催。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れきてい【歴程】

詩誌。1935年5月創刊。創刊号の編集兼発行人は逸見猶吉(へんみゆうきち)。歴程社発行。当初の同人は草野心平,逸見を中心に岡崎清一郎,尾形亀之助,高橋新吉,中原中也,菱山修三,土方定一の8名。つづいて松永延造菊岡久利,山之口貘,藤原定尾崎喜八,黄瀛(こうえい),小野十三郎伊藤信吉山本和夫,大江満雄,馬淵美意子赤木健介,平田内蔵吉らが加わった。宮沢賢治,八木重吉の遺作も掲載し,高村光太郎や金子光晴らの寄稿も加え,戦前戦中に26冊を発行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れきてい【歴程】

経過してきた道筋。通ってきた道筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴程
れきてい

詩雑誌。1935年(昭和10)5月創刊。歴程社発行。同人は逸見猶吉(へんみゆうきち)、草野心平(くさのしんぺい)、岡崎清一郎、尾形亀之助(かめのすけ)、土方(ひじかた)定一、高橋新吉、菱山(ひしやま)修三、中原中也(ちゅうや)の8名で出発、のちに山之口貘(やまのぐちばく)、尾崎喜八ほかが加わり、45年までに26号出している。第二次世界大戦後は47年(昭和22)7月に復刊、草野心平を中心にして刊行。同人は創刊時の10倍以上になり、会田綱雄(あいだつなお)、金井直(ちょく)、宗左近(そうさこん)、生野(しょうの)幸吉、山本太郎、吉原幸子(よしはらさちこ)ほか多くの個性的な詩人を輩出した。一つの主義主張のための集まりではなく、「同人一人一人が自分の主張に基づいて、自分の方法を採用すればいい」(鳥見迅彦(とみはやひこ))というところに特色がある。歴程セミナーや藤村記念歴程賞・歴程新鋭賞を設け、活発な詩活動を続けている。[首藤基澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の歴程の言及

【詩】より

…先輩格として室生犀星,萩原朔太郎も深い関係をもった。一方,草野心平,逸見猶吉,高橋新吉,菱山修三,中原中也,山之口貘,伊藤信吉らは《歴程》(1935創刊)に拠り,それぞれの個性的な詩風を展開すると同時に,宮沢賢治,八木重吉ら物故詩人の仕事の顕彰につとめた。《歴程》には高村光太郎や金子光晴も寄稿した。…

※「歴程」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歴程の関連キーワードかがやく日本語の悪態馬淵 美意子岡田刀水士山岡 良文アレゴリー宇佐見英治三角みづ紀安西 冬衛門田ゆたか相沢正一郎山崎 栄治鷲巣 繁男辻 まこと菊地康雄高橋元吉山岡良文会田綱雄中桐雅夫本郷 隆吉原幸子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歴程の関連情報