コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上刻 ジョウコク

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こく〔ジヤウ‐〕【上刻】

昔、一刻(2時間)を・中・下に三等分したうちの最初の時。「午(うま)の上刻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこく【上刻】

江戸時代、一刻(二時間)を三分した最初の部分。 → 中刻下刻

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上刻の関連キーワード狀・丈・上・乗・乘・冗・剩・剰・城・場・壌・壤・嬢・孃・定・帖・常・情・成・擾・攘・杖・条・條・浄・淨・状・畳・疊・盛・穣・縄・繞・繩・蒸・譲・讓・醸・釀・錠・静・饒明け六つ・暮れ六つ江戸時代淳化閣帖刻・剋下刻亥中中刻

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android