コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上坂忠七郎 うえさか ちゅうしちろう

2件 の用語解説(上坂忠七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上坂忠七郎 うえさか-ちゅうしちろう

1839-1918 幕末-大正時代の漆(うるし)業者。
天保(てんぽう)10年9月10日生まれ。越前(えちぜん)今立(いまだて)郡朽飯(くだし)村(福井県今立町)の人。明治10年第1回内国勧業博覧会で漆の品質のよさによって表彰される。明治の半ばには毎年200名をこえる漆掻(うるしかき)職人を関東,東北におくりだした。大正7年5月26日死去。80歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上坂忠七郎

没年:大正7.5.26(1918)
生年:天保10.9.10(1839.10.16)
幕末から大正期の漆業者。越前国(福井県)今立郡朽飯村の人。幼名貞助,襲名して忠七郎を名乗る。若くして父と水戸藩で漆業に従事,東京上野で開催された第1回内国勧業博覧会(1877)で「品質精良,製出夥多」として表彰された。明治中期には毎年数百人の漆掻職人を関東・東北一円へ送り出したが,1期(5~12月)に1人約100円の経費を要したという。県会議員や村長も務め,土木事業,農事改良,学校や病院の設置,出征軍人や留守家族への援護にも尽力した。父が敬虔な真宗門徒で,留守宅への多くの手紙に「仏様火の元大事」にと諭し,また「よしあしの心は仏の知ろしめす 我は御恩の御名を信ずる」などの歌を書き添えており,その影響を強く受けたとみられる。<参考文献>『今立町誌』

(隼田嘉彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上坂忠七郎の関連キーワード越前海岸越前紙越前焼三門徒武生越前土生彰松井文太郎森広三郎(1)山品捨録

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone