上垣守国(読み)うえがき もりくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上垣守国 うえがき-もりくに

1753-1808 江戸時代中期-後期の養蚕家。
宝暦3年生まれ。但馬(たじま)養父郡(やぶぐん)蔵垣村(兵庫県大屋町)の庄屋。各地の養蚕業を視察し,奥州種の蚕を改良して但馬種をつくりだす。享和3年養蚕,製糸の技法を記述した絵入りの「養蚕秘録」をあらわした。文化5年8月15日死去。56歳。通称は伊兵衛。号は仙栄堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上垣守国

没年:文化5.8.19(1808.10.8)
生年:宝暦3(1753)
江戸中・後期の蚕種商人。但馬国養父郡西谷村(兵庫県大屋町)の農家に生まれる。18歳以後,毎年のように奥州などに蚕種の仕入れに出掛け,自らも蚕種製造を行った。享和2(1802)年に著した『養蚕秘録』は最も代表的な江戸時代の養蚕書である。これは和漢の古典や農書類を引き,また各地の養蚕技術を紹介しつつ,養蚕に関する幅広い知見をはじめてまとめた点に特徴があり,のちの養蚕書に大きな影響を与えた。村の庄屋になり,学問の教授や養蚕技術の指導も行い,また蚕種業によって富を成したというように,生涯は名声に包まれている。生年は宝暦1年説もある。<参考文献>井上善治郎「『養蚕秘録』解題」(『日本農書全集』35巻)

(松村敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android