コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼紙 らいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礼紙
らいし

古文書学上の用語。本来,他人に出す書状を包んだ上包紙をさした。また書状を差出す際,礼儀として本文紙に同質白紙1枚ないし2枚を添えた。この白紙を礼紙と称する。礼紙はときには本紙で書き終らなかった本文の続きや追而書 (おってがき) の料紙として用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らい‐し【礼紙/×畾紙】

書状の文言を書いた紙に重ねて添える白紙。また、書状や目録などを巻いた包み紙。
「俊寛といふ文字はなし。―にぞあらむとて」〈平家・三〉
書状などの端の余白。
「すこしも―をおかず」〈浮・新可笑記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らいし【礼紙】

書札様文書に用いる儀礼用紙の古文書学上の呼称。書札様文書はふつう本紙,礼紙,封紙の3紙から成る。本文を書くのが本紙で,それと友紙(ともがみ)をもう1紙付して奥から折り畳む。これは相手方に対する儀礼の意味があるので礼紙という。その上をさらに別の友紙で包み,うわ書を加え,必要に応じてをして相手方に届ける。これが封紙である。したがって礼紙は白紙であるのがふつうであるが,本文が長くなった場合には,礼紙にその続きが書かれることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の礼紙の言及

【懸紙】より

…本文を書くのが本紙で,それと友紙(ともがみ)をもう1紙付して奥から折り畳む。これを礼紙(らいし)という。その上をさらに別の友紙で包み,うわ書きを加え必要に応じて封をして相手方に届ける。…

※「礼紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礼紙の関連キーワード立て文・立文・竪文懸け紙・懸紙オボナイ紙礼紙書き書の鑑賞礼紙書点紙懐紙懸紙捻文腰文折紙立文

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android