コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言国卿記 ときくにきょうき

1件 の用語解説(言国卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ときくにきょうき【言国卿記】

室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。衰微期の朝廷はじめ公家社会の実態や室町幕府内の権力争い,土一揆のありさまが克明に記されている。山科家は禁裏供御を管掌する内蔵頭を世襲していたので,この時期の皇室経済や衣服・食物のことを知る上で重要。自筆原本は宮内庁書陵部に18冊,京都大学に1冊所蔵されている。【飯倉 晴武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

言国卿記の関連キーワード山科言總山科言国山科言綱山科言縄山科流大沢久守山科家豊山科教興山科教遠山科教冬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone