コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言国卿記 ときくにきょうき

1件 の用語解説(言国卿記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ときくにきょうき【言国卿記】

室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。衰微期の朝廷はじめ公家社会の実態や室町幕府内の権力争い,土一揆のありさまが克明に記されている。山科家は禁裏供御を管掌する内蔵頭を世襲していたので,この時期の皇室経済や衣服・食物のことを知る上で重要。自筆原本は宮内庁書陵部に18冊,京都大学に1冊所蔵されている。【飯倉 晴武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

言国卿記の関連キーワード享徳樺太島民の悲劇レオナルド・ダ・ヴィンチ殺人事件数の推移享徳フェルナンド宝徳リチャード新陰流新撰菟玖波集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone