コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言国卿記 ときくにきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

ときくにきょうき【言国卿記】

室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。衰微期の朝廷はじめ公家社会の実態や室町幕府内の権力争い,土一揆のありさまが克明に記されている。山科家は禁裏供御を管掌する内蔵頭を世襲していたので,この時期の皇室経済や衣服・食物のことを知る上で重要。自筆原本は宮内庁書陵部に18冊,京都大学に1冊所蔵されている。【飯倉 晴武】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

言国卿記の関連キーワード言継卿記

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android