言国卿記(読み)ときくにきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

ときくにきょうき【言国卿記】

室町時代後期の公卿山科言国(1452‐1503)の日記。途中が欠けているが,1474年(文明6)から1502年(文亀2)までが現存。衰微期の朝廷はじめ公家社会の実態や室町幕府内の権力争い,土一揆のありさまが克明に記されている。山科家は禁裏供御を管掌する内蔵頭を世襲していたので,この時期の皇室経済や衣服・食物のことを知る上で重要。自筆原本は宮内庁書陵部に18冊,京都大学に1冊所蔵されている。【飯倉 晴武】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android