コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上帯/表帯 ウワオビ

1件 の用語解説(上帯/表帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うわ‐おび〔うは‐〕【上帯/表帯】

着物のいちばん外に締める帯。
鎧(よろい)腹巻き胴丸の類の胴先につける帯。ひもや布帯を用いる。
「鎧の―押しくつろげ、腹かき切って」〈義経記・八〉
平胡簶(ひらやなぐい)箙(えびら)を固定するのに用いるひも。平胡簶には丸組の緂(だん)を用いて丸緒(まろお)ともいう。
梵鐘の部分の名。鐘身の上部で乳(ち)の間の上にある横帯をいう。じょうたい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上帯/表帯の関連キーワード一番駆け大一番十八番小指最先端下締め締緒いちばん桜コロコロイチバン結びの一番

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone