コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上帯/表帯 ウワオビ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐おび〔うは‐〕【上帯/表帯】

着物のいちばん外に締める帯。
鎧(よろい)腹巻き胴丸の類の胴先につける帯。ひもや布帯を用いる。
「鎧の―押しくつろげ、腹かき切って」〈義経記・八〉
平胡簶(ひらやなぐい)箙(えびら)を固定するのに用いるひも。平胡簶には丸組の緂(だん)を用いて丸緒(まろお)ともいう。
梵鐘の部分の名。鐘身の上部で乳(ち)の間の上にある横帯をいう。じょうたい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

上帯/表帯の関連キーワードイソアワモチ北部北上帯南部北上帯野原 水嶺海岸動物東北日本阿武隈帯フナムシタマキビ飛沫帯帯那山構造帯古生代死装束下げ緒潮間帯鎧通し手巾帯建築