コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方文化 かみがたぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上方文化
かみがたぶんか

江戸時代,特に京都,大坂を中心とした優雅な文化をいい,江戸を中心とした豪放な,いわゆる江戸文化に対する。これは地域性と時代性を含む分け方でもある。すなわち,江戸時代初期,特に元禄年間 (1688~1704) 頃までは,江戸は幕府がおかれたという意味では政治的中心地であったが,当時の江戸の文化人,芸術家のほとんどは上方からの移住者であったので,文化的には地方的存在であり,伝統文化をもつ上方が文化的中心地であった。しかし享保年間 (16~36) 以降になると,江戸が経済的繁栄と相まって,文化人,芸術家の輩出により文化的にも活気を帯び,その中心となるに従って,上方文化は精彩を失っていった。江戸時代後期は江戸文化の時代といえる。 (→化政文化 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上方文化
かみがたぶんか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上方文化の関連キーワードてんぷら(天麩羅)市川団十郎(2代)前橋[市]行友 李風和多田 勝小出楢重元禄時代行友李風江戸町人江戸時代京都府細雪

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上方文化の関連情報