コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上方絵 カミガタエ

デジタル大辞泉の解説

かみがた‐え〔‐ヱ〕【上方絵】

京坂で刊行された浮世絵版画。江戸の特産であった版画を江戸絵とよぶのに対していう。役者絵が多い。大坂絵。→江戸絵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみがたえ【上方絵】

江戸の錦絵の影響を受けて、文化・文政(1804~1830)以降上方で流行した浮世絵版画。浪華なにわ錦絵。大坂絵。 ↔ 江戸絵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上方絵の言及

【浮世絵】より

…また最幕末には,混乱した世相と荒廃した人心を反映するような月岡芳年らの〈血みどろ絵〉も出現,浮世絵自体の末期的現象を露呈してみせた。
【後世への影響】
 浮世絵は江戸特産の民俗的な絵画,いわゆる民画であり,大津追分の肉筆の戯画〈大津絵〉や,長崎の異国風俗を扱った版画〈長崎絵〉,大坂や京都の役者絵を主体とした版画〈上方絵〉などと同類のものに違いない。しかし,他の土地の民画がいずれも扱う主題の範囲を特定し,様式の展開も微弱な範囲にとどまったのに反して,浮世絵は比較を絶するほどに多彩で豊かな発展を長期にわたって継続させている。…

※「上方絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上方絵の関連情報