コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸絵 エドエ

大辞林 第三版の解説

えどえ【江戸絵】

江戸で版行した極彩色の一枚刷りの浮世絵。錦絵。江戸錦絵。 ↔ 上方絵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の江戸絵の言及

【浮世絵】より

…江戸時代に盛行した庶民的な絵画。江戸を中心に発達し,江戸絵ともいう。絵画様式の源流は遠く大和絵につながり,直接的には近世初期風俗画を母胎としている。…

【錦絵】より

…版木に刻み付けた見当(けんとう)を合わせて,多くの色を正確に摺り分け,錦のように華やかで美しいいろどりが加えられた。浮世絵木版画の加彩法としてはもっとも発達した最終段階のもので,〈江戸絵〉とも呼ばれた。浮世絵【小林 忠】。…

※「江戸絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸絵の関連キーワード伊藤若冲(じゃくちゅう)ブーム須原屋茂兵衛(4代)ジョー プライス古山師政一枚刷り三人生酔上方絵東錦絵本屋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸絵の関連情報