上旬(読み)じょうじゅん

精選版 日本国語大辞典 「上旬」の意味・読み・例文・類語

じょう‐じゅん ジャウ‥【上旬】

〘名〙 一か月を一〇日ごとに上・中・下に分けた最初一日(ついたち)から一〇日までの一〇日間。上澣(じょうかん)
正倉院文書‐天平宝字二年(758)九月二一日・阿閇豊庭解「右人、以去六月上旬沈重病」
平家(13C前)六「彼嶋は去る応保元年二月上旬に築はじめられたりけるが」 〔漢書‐趙充国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「上旬」の意味・読み・例文・類語

じょう‐じゅん〔ジヤウ‐〕【上旬】

月の1日から10日までの10日間。初旬上澣じょうかん。→下旬中旬
[類語]月初め初旬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android