中旬(読み)チュウジュン

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐じゅん【中旬】

〘名〙 の一一日から二〇日までの一〇日間。中浣。
※続日本後紀‐承和元年(834)七月庚申「是中旬之初也。上御紫宸殿、賜侍臣酒
※海道記(1223頃)池田より菊川「承久三年六月中旬天下風あれて」 〔魏書‐礼志・二〕

ちゅう‐ずん【中旬】

〘名〙 (「ずん」は「じゅん」の直音表記) =ちゅうじゅん(中旬)
※延宝版宇津保(970‐999頃)国譲上「かかる程に、ちうすんになりぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中旬の関連情報