コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉家文書 うえすぎけもんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉家文書
うえすぎけもんじょ

旧米沢(よねざわ)藩主上杉家に伝えられた古文書。鎌倉時代から江戸時代初頭までのもの約1200点、そのほか江戸時代のもの多数がある。上杉氏はもと越後(えちご)(新潟県)の豪族長尾(ながお)氏で、守護上杉氏の守護代であった。謙信(けんしん)のとき、関東管領(かんれい)でもあった山内上杉憲政(やまのうちうえすぎのりまさ)から家名を譲られて上杉氏を称した。このような事情を反映して、この文書群には謙信、景勝(かげかつ)、定勝(さだかつ)の越後国主3代の文書のほかに、山内上杉氏に伝えられた文書、長尾氏(守護代の長尾氏および支族)に伝えられた文書が入っている。内容をみると、長尾為景(ためかげ)時代の越後諸豪族との抗争、統一の過程を示すもの、謙信時代の北条、武田、蘆名(あしな)、伊達(だて)氏ら近隣諸国との交渉を示すもの、景勝時代の豊臣(とよとみ)政権との交渉を示すものなど、守護大名、戦国大名研究の好史料である。また江戸時代に二度整理が行われたが、原形を損なわないで保管されたので、料紙、封式など文書の形態的研究にもきわめて有用である。『大日本古文書 家わけ12』所収。[桑山浩然]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上杉家文書の言及

【上杉氏】より

…維新後伯爵。米沢藩【佐藤 博信】
[上杉家文書]
 山形県米沢市の上杉家(旧米沢藩主)に伝来した古文書。大別すると(1)越後国主時代の中世文書と初期藩主関係文書,(2)米沢藩時代の近世文書,(3)家中諸士の系譜,(4)絵図等,となるが,狭義には(1)のみをさすこともある。…

※「上杉家文書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上杉家文書の関連キーワード米沢市上杉博物館米沢(市)長野業政長尾条書

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上杉家文書の関連情報